1. 精力剤110番TOP
  2. 精力剤の基礎知識
  3. ≫精力剤は即効性ナシ!効果が出るまでの時間&すぐ効く勃起薬の危険性

精力剤は即効性ナシ!効果が出るまでの時間&すぐ効く勃起薬の危険性

「精力剤は飲んでからどれくらいで効くの?」と疑問に思ったことはありませんか。
実は、精力剤は時間をかけてじわじわと体質を変えていくものなので、短期間で劇的な効果は得られません。

即効性がないとなると、いつまで飲み続ければいいのか不安になりますよね。

そこで、効果が得られるまでの期間や、どんな成分が入っていればいいのか、などを解説します。

精力剤には即効性がない!体の機能改善が目的だから時間がかかる

精力剤は、シトルリンやアルギニン、クラチャイダム、マカといった精力成分がいくつも配合されているサプリメントのことをいいます。
医薬品ではなく健康食品という分類で、「飲んですぐにペニスがギンギンになる」という即効性のあるものではありません。

どちらかというと時間をかけて体の機能を改善し、精力アップを狙うというイメージです。
なので、最低でも1か月、3か月以上を目安に飲み続けてください。

精力剤を飲み続けることで得られる効果は主に以下の3つです。

・血行促進によるペニス増大、勃起力アップ
精力剤を飲み続けることで、血行が促進され、血のめぐりがよくなります。
ペニスを構成する海綿体という組織は、血液で満たされることで大きく・硬くなるので、血流が良いとペニスがギンギンになりやすいのです。
また、血液を通してペニスに必要な栄養が届くので、ペニスのサイズアップ効果も期待できます。

主な血行促進成分は、アミノ酸の一種である「シトルリン」や「アルギニン」です。
2つとも、体内で【一酸化窒素】という血管を拡げる成分を生じさせ、血流を改善します。
また、シトルリンはアルギニンに、アルギニンはシトルリンに体内で変換され、その際にさらなる一酸化窒素を発生させるのです。
そのため、同時に摂取することでより高い血行促進(ペニス増大)効果が得られます。

・男性ホルモンの分泌による勃起力アップ、ペニス増大、精力アップ
男性ホルモンの【テストステロン】には、「ペニスを勃起させろ」という指示を出したり、性欲をアップさせたりする役割がありますが、これは年齢とともに、分泌量が減少する物質です。

テストステロンの分泌量は20歳ごろをピークに、その後は徐々に減少を続け、60歳になるころにはピーク時の半分ほどになってしまいます。
なので、不足する分は外部から補ってあげましょう。

精力剤に含まれる男性ホルモンの分泌を助ける成分はアルギニンやシトルリン、アルギニンを多く含むマカやクラチャイダムです。
これらを摂ることで、勃起力を向上させることができます。

男性ホルモンは、ペニスの大きさ・硬さや精力増強にも作用するので、必ず摂取するようにしましょう。

・精子の量・質のアップ
1日に作られる精子の量や質は年齢とともに低下してしまいます。
30代と比べると50代の精液量は3~22%、精子運動率は3~37%、精子正常携帯率は4~18%低下すると報告されているのです。(日本生殖医学会より)

しかし、精子の量や質は精力剤によって改善することができます。
精力サプリに含まれる亜鉛は、細胞分裂を助け、精子の生成を促す必須ミネラルです。
牡蠣に多く含まれていますが、普段の食生活では不足しがちなので、サプリから摂取するのがいいとされています。

また、マレーシア原産のハーブ「トンカットアリ」は、精子をつくるのに必要なアルギニンをはじめとしたアミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれる精力アップ食材です。
精子をつくるためには、複数の栄養素をバランスよく摂る必要があるので、トンカットアリのような万能食品は効果的だといえます。

では、実際にアルギニンやシトルリン、トンカットアリなどの成分が入った精力サプリを飲み続けるとどんな変化があるのでしょうか。
翌日から3か月目までの主な体の変化をまとめてみました。

・翌日
ペニスの増大効果はまだ得られません。
そのほかの体調の変化も見られないことが多いです。

・2週間後
ペニスのサイズには変化がないケースがほとんどですが、この時期から、性欲が高まったり、勃起力が上がったりという変化が見られます。
「朝立ちしやすくなった」という口コミもありました。
また、血の巡りが良くなることで、冷えや便秘、疲労などの体調不良が改善されはじめます。

・1か月後
少数派ですが、ペニスのサイズアップ効果があらわれる方が出てきます。
ただし、サイズアップしたとしても1センチ以下の小さな変化です。

・3か月後
多くの方がペニスのサイズアップ効果を感じ始めます。
2センチ以上アップするケースも見られました。
また、長くなるだけでなく、太くなる、勃起しやすくなる、持続力が増すなど様々な効果が実感できる時期です。

勃起薬(ED薬)は即効性があるけど副作用に要注意!

勃起不全(ED)の治療に用いられる「バイアグラ」、「レトビラ」、「シアリス」といった勃起薬は、即効性のある薬です。

バイアグラ、シアリスは飲んでから約1時間、レトビラは約30分で効果が出始めます。
その後、バイアグラは4時間、レトビラは8時間、シアリスは36時間効果が持続するのです。

ただし、顔の火照り、頭痛、目の充血、動悸などの副作用が強くでるケースもあるので、心臓が弱い、虚弱体質、高齢という場合にはできるだけ服用を避けてください。
重度なものでは、勃起が収まらない持続勃起症、狭心症、突発性難聴といった副作用も報告されています。

勃起薬は医師の処方が必要な医薬品です。
医師・薬剤師の指示に従い、正しく服用してください。

また、勃起薬の効果は一時的なもので、体質自体が変わるわけではありません。
根本的な解決ではないため、行為をするたびに服用する必要があります。
バイアグラは一錠で約1,300円(25㎎)、1,500円(50㎎)、レトビラは一錠で1,500円(10mg)、2,000円(20㎎)、シアリスは一錠で1,700円(10㎎)、2,000円(20㎎)です。
一錠当たり1,500円から2,000円が相場ですね。
勃起薬は基本的に保険適用されないので、行為のたびに毎回、飲み続けるとかなり薬代がかさむことになります。

ドリンクタイプの精力剤は吸収率が高いけどデメリットが多い

口から摂取した食べ物の栄養素は、腸で吸収されますが、その前に胃で細かく分解され、腸で吸収しやすい形に変えられているのです。
固形の食品と比べると液体は、最初から吸収されやすい(細かく分解された)状態なので、胃での滞在時間が短くなります。
そのため、栄養が吸収されるスピードが速いのです。
また、液体は胃酸の影響を受ける時間が短いため吸収率が高いという特徴もあります。

ドリンクタイプの精力剤を飲むと、糖分やカフェインといった成分が即座に体内に取り込まれるので、すぐに元気が出るように感じられます。

しかし、精力ドリンクは製造過程で、飲みやすくするための砂糖や人工甘味料、腐りにくくするための防腐剤といった添加物がたくさんいれられていて体には良くないのです。

さらに、効果の持続時間は1~2時間程と短いため、性行為を長く楽しむことができません。
しかも、その効果も確かなものではなく「効いている」と思い込んでいるだけというケースがほとんどなのです。
実は、コンビニなどで売られている精力ドリンクはコーラやソーダ、お茶と同じ「清涼飲料水」で、体質を改善する効果はありません。

また、アルギニンやマカなどが十分に配合された精力ドリンクの価格は1本1,000円以上します。
アルギニンは3か月以上飲むことで効果を実感できる成分です。
毎日飲むとなると3か月で【9万円】もかかってしまい、コスパがいいとは言えませんね。

精力剤は即効性よりじっくりコツコツと効果を出すものが◎

バイアグラやレトビラといった勃起薬には即効性がありますが、体質改善は期待できず、効果は一時的です。
精力ドリンクは、添加物が配合されている、効果が得られない製品が多い、コスパが悪いといったデメリットが存在します。

一方、アルギニン、シトルリン、マカなどの精力アップ成分が配合されたサプリタイプの精力剤は、血行促進、男性ホルモンの分泌、精子の量や質のアップといった効果が期待できるのでしたね。
即効性はありませんが、時間をかけて、ペニス自体を大きくしたり、勃起しやすい体質に変えたりすることができるのです。
その結果、将来的には精力剤を飲まなくても、大きくて硬いペニスを維持することができるようになります。

その場しのぎの勃起薬や精力ドリンクよりも、長期にわたって自分の体を変えることができる精力剤がおすすめです。

精力剤を選ぶ際には、アルギニンやシトルリン、マカ、クラチャイダムなど精力アップに必要な成分がいくつも配合されているものを選んで、効率よく男性機能を高めていきましょう。

⇒ 【マニアの管理人が厳選】2018年おすすめの精力剤ランキング

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです。