1. 精力剤110番TOP
  2. 精力剤の成分
  3. ≫マムシの効果は勃起力アップと滋養強壮!副作用や飲むタイミング

マムシの効果は勃起力アップと滋養強壮!副作用や飲むタイミング

「ペニスがふにゃふにゃ」、「持続力が無くなった」と思うことはありませんか?
夜の元気がなくなってしまうと自信を無くしてしまいますよね。

そんな男性におすすめなのが、「マムシ」です。

古くから愛されてきたマムシには、勃起力アップをはじめとした様々な効果があります。
マムシの効果や副作用、正しい飲み方をご紹介します。

マムシに含まれる「19種類のアミノ酸」が勃起力UPと滋養強壮の効果を与える

マムシは、北海道から九州南部まで日本の各地に生息するクサリヘビ科の毒蛇で、1~2か月何も食べなくても生きることができるという生命力の強い生物です。

マムシの滋養強壮効果は古くから知られており、中国や韓国ではマムシの内臓や皮を取り除いて乾燥させた【反鼻(はんび)】が、漢方薬として重用されてきました。
ほかにも、マムシの胆嚢を乾燥させた【蛇胆(じゃたん)】も古来より珍重されており、反鼻よりも高い滋養強壮効果と解毒作用があるとされています。

また、漢方薬としてだけでなく、マムシを焼酎につけた【マムシ酒】や【マムシの生き血】なども健康目的で摂取されてきました。

マムシは、全9種の必須アミノ酸(フェニルアラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、スレオニン、ヒスチジン、トリプトファン、リジン、メチオニン)と、10種の非必須アミノ酸(グルタミン、グルタミン酸、アスパラギン酸、セリン、グリシン、シスチン、プロリン、アラニン、チロシン、アルギニン)を含んでいます。
アミノ酸は、筋肉や骨、血液を作る材料となり、精子の生成やホルモン分泌にも大きく関わる栄養素です。
なかでも、必須アミノ酸は体内で作り出すことができない成分なので食品から摂取する必要があります。
必須アミノ酸は1つでも欠けると、うまく機能しないため、まんべんなくすべてのアミノ酸を摂取する必要があるのです。
また、非必須アミノ酸は体内で合成することもできますが、食べ物から摂取することで様々な健康効果が得られます。
具体的には、新陳代謝の促進(アスパラギン酸)、胃腸機能の正常化(グルコサミン)、脂肪燃焼の促進(アラニン)、肌の老化防止(セリン)といった作用があるので、積極的に摂取するのがおすすめです。

マムシには、多くのアミノ酸がバランスよく含有されているので、疲労回復や若々しい体の維持、滋養強壮なに役立ちます。
血管を拡げ、血行を促進する作用のあるアミノ酸(アルギニン)も含まれているため、ペニスに流れ込む血液の量が増え、勃起力をアップさせることも可能です。

マムシの1日の摂取目安量は、粉末の場合2ℊですが、効果を早く感じたいという場合、3~5g摂取してください。

マムシは冷え性対策や動脈硬化の予防、肝機能強化の効果もある

マムシに豊富に含まれるアミノ酸には、血行を促進する作用があるため、冷えの改善にも効果的です。

また、マムシには、【リノール酸】という不飽和脂肪酸が含まれており、コレステロールと中性脂肪の値を下げることが分かっています。
コレステロールと中性脂肪が減ると、血管がつまりにくくなり、動脈硬化が予防できるのです。

さらに、マムシに含まれるアミノ酸の一種【タウリン】は、肝臓を修復し、肝機能をアップさせることもわかっています。
タウリンは、疲労回復効果のある成分でもあり、多くの栄養ドリンクに配合されているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

マムシは、古来より愛されてきただけあって、「冷え改善」、「動脈硬化の予防」、「肝機能アップ」といった高い健康効果があることが分かりますね。

マムシの成分には副作用があるの?

マムシは天然の成分なので大きな副作用の危険はありません。
アレルギー物質も含んでいないので、安心して摂ることができます。

ただし、マムシには多くのアミノ酸が含まれているため過剰摂取すると、アミノ酸を分解・代謝する肝臓に負担がかかり、肝機能が低下してしまう可能性があるので、注意が必要です。
また、アミノ酸の過剰摂取は体内の老廃物をろ過する腎臓にも負担がかかると言われています。

1日10ℊ以上の過剰摂取は避けましょう。

マムシを摂ってはいけない人

以下の病気をお持ちの方は、マムシの摂取を控えてください。

・心臓や血管の病気の人
心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化などの病気をお持ちの場合は、全身の血管がもろい状態です。
このとき、急激に多量の血液が流れると、血管が破裂してしまうリスクがあります。
マムシには血行促進効果があるので、このような病気をお持ちの方は摂取を控えてください。

マムシを飲むタイミングはHの30分~1時間前が理想

マムシは天然成分なので、飲むタイミングはいつでも問題ありません。
ですが、勃起力をアップさせたい場合には、行為を行う「30分前~1時間前」に摂取することで、血流がよくなりペニスを硬くすることができます。

また、マムシには疲労回復・滋養強壮効果もあるため、セックス時だけでなく「疲れた」、「体がだるいな」と感じたときにも、摂取してみてください。

マムシというと栄養ドリンクに使われているイメージがありますが、栄養ドリンクにはマムシの苦みをごまかすための甘味料や香料がたくさん入っているので、あまりおすすめできません。

マムシの粉末が配合されたサプリメントを飲む方が、より効率的にマムシを摂取できます。

マムシだけでなくシトルリンやマカも一緒に飲んでチンコのサイズUPも狙おう

マムシにはアミノ酸が豊富に含まれており、勃起力をアップさせる効果があります。
ただし、マムシだけではペニスのサイズアップ効果はそこまで大きくないので、ペニスをもっと大きくしたいのなら、ほかの精力増強成分と一緒に摂取するようにしましょう。

精力増強成分として人気なのが、「シトルリン」や「マカ」といった成分です。

シトルリンには、血管を拡げ血行を促進する効果があるので、ペニス増大や勃起力のさらなる向上に役立ちます。
マカには、男性ホルモンと成長ホルモンの分泌を促す成分が豊富に含まれており、勃起力の向上はもちろん、ペニス自体のサイズアップが可能です。

マムシだけでなく、これらの男性機能をアップさせる成分が一緒に摂れるサプリメントを選んでみてください。

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです。