1. 精力剤110番TOP
  2. 精力剤の成分
  3. ≫高麗人参の効果は滋養強壮(精力アップ)!副作用と飲むタイミング

高麗人参の効果は滋養強壮(精力アップ)!副作用と飲むタイミング

高麗人参というと「健康によい」、「精力増強効果がある」というイメージがありますよね。
ですが、具体的に「どんな成分が入っていて、どう体にいいのか」はピンとこないという方が多いのではないでしょうか。

そこで、「ほんとうに精力増強効果はあるの?」、「その他の効果は?」といった疑問に答えつつ、副作用や正しい飲み方についてもご紹介します。

高麗人参に含まれる「サポニン」が滋養強壮・精力増強の効果をもたらす

高麗人参は、オタネニンジンというウコギ科の植物の根を乾燥させたもののことで、朝鮮人参とも呼ばれています。

高麗人参は古くから万能食・漢方薬として朝鮮半島や中国で重用されており、秦の始皇帝も愛用していたと言われています。
日本には8世紀ごろにもたらされ、上流階級の人のみが手にできる高級品として愛されてきました。

朝鮮人参には、カルシウムや鉄分、亜鉛などのミネラル、アミノ酸、ビタミン類など100種類近い栄養素が含まれています。
その中で最も注目すべきなのが【サポニン】という成分。
サポニンは、多くの植物に含まれる苦み成分ですが、高麗人参のサポニン含有量は桁違いです。

古来より高麗人参には滋養強壮・精力アップ・疲労回復効果があるとされていましたが、これは高麗人参だけに含まれるサポニン群【ジンセノサイド】によるものだということが分かってきました。
ジンセノサイドは、交感神経と副交感神経のバランスを整える働きがあるため、精神を安定させるのにも有効です。

また、高麗人参に含まれるアミノ酸の一種【アルギニン】には、「成長ホルモンの分泌を促進する」、「血管を拡げ血行を改善する」という作用があります。
成長ホルモンによりペニス自体を成長させ、そこに大量の血液を流し込むことで硬く・大きくすることが可能なのです。

高麗人参エキスが配合されたサプリメントを飲む場合、100㎎を目安に摂取してください。
また、高麗人参をそのまま煎じて飲むときは、5ℊが適量です。

高麗人参には冷え性改善や動脈硬化予防の嬉しい効果もある

高麗人参には、緊張時に副交感神経をオンにする(=リラックス状態にする)といった自律神経のバランスを整える作用があります。
自律神経のバランスが整うと、精神が安定するので、ストレスが溜まっているときには、高麗人参を取り入れてみてくださいね。

また、高麗人参に含まれるアルギニンには血行促進がありますし、ジンセノサイドにも血をサラサラにする作用があるため、冷え性の改善にも効果的です。

さらに精神が安定し、血行が改善することで、免疫力がアップし、風邪をひきにくくなると言われています。

ジンセノサイドは、余分な脂を除去する働きがあり、血中の悪玉コレステロール値をさげるのに有効な成分です。
悪玉コレステロールは、血管につまり炎症を起こすなどして、動脈硬化の原因となります。
つまり、ジンセノサイドは心筋梗塞や狭心症などを引き起こす動脈硬化の予防も期待できるわけです。

精力アップ以外にも、多くの健康効果が得られるので、ぜひ高麗人参を取り入れてみてください。

高麗人参の副作用について

高麗人参は天然の成分なので、副作用のリスクは低いといえます。
高麗人参を摂取していると、頭痛や微熱、下痢といった症状が出ることがありますが、これは、いわゆる「好転反応」の一種です。
サポニンの効果で自律神経が正常化し、免疫力が上がると、蓄積していた体内の毒素が徐々に排出されます。
これらの症状は一時的なもので、そのうち治まるので心配ありません。

また、高麗人参の摂取によって動悸がするケースもありますが、これも血流が改善されたからだと考えられます。
ただし、激しい運動後のような速くて強い異常な動悸の場合には、高麗人参を飲むのをやめて様子をみるようにしましょう。

1日あたりの摂取上限は特にないですが、初めて飲む場合は上記のような副作用が大きく出るかもしれないので、まずは10gまでにとどめておき体が慣れてきたら少しずつ量を増やしていくことをおすすめします。

高麗人参を摂ってはいけない人

以下のような病気をお持ちの場合、高麗人参の摂取は控えてください。

・心筋梗塞や脳梗塞の人(血液・血管の病気を持っている人)
過去に心筋梗塞や脳梗塞を起こした経験がある、もしくは可能性を指摘されているという場合、動脈硬化を起こしているかもしれません。
硬化した血管は、弱く、脆くなっている状態なので、そこに大量の血液が流れると、血管が破裂する可能性があり、とても危険です。
高麗人参に含まれるサポニンやアルギニンには、血流を良くする作用があるため、摂取する前にかかりつけの医師に相談してください。

・抗うつ剤を飲んでいる人
うつなどの精神疾患に対する薬には、自律神経のバランスを整える働きがあるものが、多くあります。
高麗人参にも、自律神経に働きかける作用があるので、薬の効果と重複し、逆に自律神経のバランスが乱れてしまうという可能性も否定できません。
自律神経に関わるお薬を飲んでいる場合、医師に相談してから高麗人参を摂取するか決めてください。

高麗人参の効果的な飲み方(飲むタイミング)

高麗人参は、漢方に使われる生薬なので、基本的にはいつ飲んでも問題ありません。
しかし、効果を最大限に引き出したいのなら、「食前」または「食間」がベストです。
ほかの食品の成分の影響を受けない、空腹時が最も効果的だと言われています。

ちなみに、高麗人参には、胃に負担を与えるような刺激性のある成分は含まれていないので、胃が空っぽのときに飲んでも大丈夫です。

高麗人参を直接煎じて飲む場合、一時間かけて煎じる必要があります。
さらに、生薬特有の独特な臭いがするため、飲むのが辛くやめてしまうというケースが多いです。

煎じるよりも高麗人参エキスが配合されたサプリメントを飲む方が手軽で継続しやすいので、ぜひサプリメントで摂取してみてください。

高麗人参だけでなくシトルリンやマカも一緒に摂ると滋養強壮の効果がアップ!

高麗人参には、サポニン(ジンセノサイド)やアルギニンといった栄養素が豊富に含まれ、滋養強壮・精力アップ・生活習慣病予防・精神の安定といった健康効果があることが分かりました。
ただ、男性機能向上の面でいうと、高麗人参単体で摂取するよりもほかの栄養素と一緒に摂取したほうがより高い効果が得られます。

おすすめなのが、「シトルリン」と「マカ」です。

シトルリンには、血管を拡げ、血流を改善する作用があり、ペニス増大や勃起力のアップにつながります。
「もっと大きくしたい」「勃起しにくくなったな」というときに、積極的に取り入れたい成分です。

マカにはアルギニンや亜鉛と言った男性にうれしい栄養素が含まれており、成長ホルモンの分泌を促すこともわかっています。
成長ホルモンの影響は何歳になっても受けられるので、ペニスを大きくすることは大人になってからも可能です。

男性機能をアップさせるためには、高麗人参だけでなく、そのほかの栄養素も同時に摂取できるサプリメントを選んでみてくださいね。

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです。