1. 精力剤110番TOP
  2. 精力剤の成分
  3. ≫シトルリンの効果はペニス増大!副作用や飲むタイミングも教えます

シトルリンの効果はペニス増大!副作用や飲むタイミングも教えます

「昔と比べて、あまり勃起しない」、「硬さが物足りない」とお悩みではありませんか?
頑張りたいのにうまくいかないと、男性としての自信を無くしてしまいますよね。
そんなときに摂りたい成分が、ペニス増大に効果があると注目を浴びている「シトルリン」です。
ここでは、シトルリンの精力増強効果や副作用、飲むタイミング、効果的な飲み方を紹介します。

シトルリンの血行促進効果でペニスがひと回り大きくなる

シトルリンとは1930年代に砂漠に自生するスイカから発見されたペニス増大の効果がある非必須アミノ酸の一種です。
厳しい日差しが降り注ぐ過酷な環境でスイカが生き残るために、このシトルリンが大きな役割を担っていたと考えられています。

植物から抽出される成分で、安全性が高いという点も長所の1つです。

日本においては2007年に食品素材としての使用が認められ、精力増強・疲労回復・筋トレ効率アップ等に効果があることから、今では様々なサプリメントに配合されています。

では、シトルリンはなぜペニスを増大させる効果があるのか、そのメカニズムを押さえておきましょう。

まず、シトルリンを摂取すると体内で【一酸化窒素(NO)】が生じます。

その後、一酸化窒素は全身に拡散され、【血管平滑筋細胞(血管壁を構成する組織)】に到達し、【サイクリックGMP】という物質の分泌量を増やすのです。

すると、細胞内の電位のバランスが変化し、血管平滑筋が弛緩します。

血管平滑筋が緩む(=血管が広がる)ことで、血流が良くなりペニスに流れ込む血液の量も増える、というわけですね。

ペニスの大部分は、海綿体というスポンジのような組織でできています。
サイズアップや勃起力を向上させるためには、このスポンジ部分に十分な量の血液を流し込むことが大切なのです。

「シトルリン=一酸化窒素を増やして血流をアップさせ、ペニスを大きくしたり勃起力を高める成分」と覚えておきましょう。
ちなみに一酸化窒素は、シトルリンのほかにもアルギニン(アミノ酸の一種)からも作られます。

勃起力を上げるためには、必要なシトルリンの摂取量は、1日当たり400㎎~1000㎎ほどです。
では、食品100ℊ中に含まれるシトルリンの量を見てみましょう。

・スイカ(180㎎)
・メロン(50㎎)
・にがうり(16㎎)
・キュウリ(9.6㎎)
・にんにく(3.9㎎)

食品の中で最も多くシトルリンが含まれているのはスイカですが、ほとんど夏にしか食べないですし、毎日たくさん摂取するのは難しいですよね。
これ以外の食品にはシトルリンはあまり含まれていないので、食べ物から十分な量のシトルリンを摂取するのは現実的ではないといえます。

サプリメントを使って摂取するようにしましょう。

シトルリンには筋肉増強や冷え性・肩こり改善の効果もある

シトルリンは、血流を改善する成分であるため、冷え性や肩こりの改善、筋トレ効率のアップといった効果も期待できます。

また、疲労物質である「乳酸」の値を下げるので、運動時に摂取すると、疲れにくくなり、持久力をアップさせることが可能です。

実際に、ボクサーやプロゴルファーなど多くのアスリートがシトルリン配合のサプリメントを使用しています。

シトルリンには副作用はあるの?

シトルリンはバイアグラのような強制的に勃起させる薬ではありませんし、自然由来の成分ですので、とくに副作用の心配はありません。

ただし、過剰摂取をすると血流が一気に良くなりすぎて、偏頭痛、動悸、体の火照り、といった症状が現れることも考えられるので、1日の目安摂取量(1000㎎まで)を守るようにしましょう。

血管に病気がある人はシトルリンを飲んではダメ

シトルリンには血行促進効果があるため、血管系の疾患を指摘されている場合、自己判断での摂取は避けましょう。
また、薬を服薬している場合も、飲み合わせがあるので医師・薬剤師に相談してください。

また、代謝異常疾患である「シトルリン血症」と指摘されている場合、シトルリンの濃度が異常に高くなってしまうので、絶対に飲まないようにしましょう。

シトルリンを飲むタイミングは行為の30分前!

シトルリンによる血行促進効果があらわれるのは、摂取後30分から1時間後です。
即効性があるわけではないので注意してください。
行為を行う30分くらい前に飲んでおくとちょうどいいですね。

ベッドに入る直前に飲んでしまった場合には、ペニスの状態を見ながら前戯の時間を長めに調節してみてください。

シトルリンと一緒に摂るとペニス増大効果が倍増する成分

シトルリンだけでなく、ほかの成分を一緒に摂取することで、より高いペニス増大効果が得られます。

・アルギニン
アミノ酸の一種で、一酸化窒素を生じさせ血流を改善する成分です。
また、体内でアルギニンはシトルリンに、シトルリンはアルギニンに変化し、その際にさらなる一酸化窒素を発生させます。
この2つを一緒に摂ることで、血行促進効果が数倍にアップする相乗効果が得られるので、同時摂取が望ましいです。

・ガラナ
アマゾン原産の植物で、血流促進、疲労回復に効果があるとされるカフェインを多く含みます。

・マカ
ペルー原産の植物で、ミネラルや亜鉛、アルギニンといった増大効果のある成分を豊富に含んでいます。
亜鉛は、細胞分裂に必要なミネラルで、海綿体の増殖をサポートする働きがあり、ペニス増大には必要不可欠です。

・トンカットアリ
マレーシア諸国で古くから滋養強壮薬として使われてきた高価なハーブで、男性ホルモンの一種であるテストステロンを含みます。
ペニスの増大には、男性ホルモンの作用が不可欠ですが、加齢とともにホルモン分泌量が減少してしまうので、外部から補いましょう。

・クラチャイダム
古くからタイで利用されてきたショウガ科の植物で、カルシウム、鉄、亜鉛といったミネラルやアルギニン、トリプトファン、フェニルアラニンなどのアミノ酸、ポリフェノールといった栄養素が豊富に含まれています。
アルギニン含有量はトップクラスで、マカをも凌ぐほどです。

シトルリンと一緒に摂取することで、相乗効果を得られる「アルギニン」はもちろん、ミネラルやカフェイン、男性ホルモンなどの成分もペニス増大に欠かせないということが分かりますね。

1つだけではなく、複数の栄養素をバランスよく取り入れるのが効果的なので、上記成分が複数入ったサプリメントを選んでみてくださいね。

「元気がないな」と感じたら、精力サプリの力を借りて、自信を取り戻しましょう。

この記事が参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです。